HOME > 新着情報 > 平成24年度 組合員全体会議

新着情報

2013年01月30日

平成24年度 組合員全体会議

組合員全体会議ご参加の御礼
 平成24年12月7日の組合員全体会議にご参加いただきありがとうございました。
 また、皆様方のご意見は、組合の各委員会に割り振り、今後の事業に生かしていくようになっておりますので、今後とも皆様方のご意見をいただければ幸いでございます。
 会議は、組合事業の方針について以下の通り小笠原理事長より説明がありました。
《強い組合目指して》
産業廃棄物処理業界は、廃棄物処理に関する規制の強化、最終処分施設の確保に関すること等幾多の問題が山積みであるが、組合員の英知を結集して立ち向かっていかなければなりません。
本組合は、組合員の相互扶助の精神に基づき、組合員が一丸となり組合員のための組合運営を推進し、地域社会に貢献できる強みを兼ね備えた協同組合を確立する。
そのためには、組合員の増強を図ることで行政機関との連携を太くし、行政とタイアップできるだけの知識とスキルを得て社会に信頼される組合となると同時に組合員間のコミュニケーションを密に図り、互いに自己の研鑽に励むことで、個々の企業が発展することを望む。

その後、委員会の報告があり、次いで各グループ分けによる討議を重ねていただき、それぞれのテーブルごとに貴重なご意見をいただきました。基調講演としてドライバーズマナー講師の旗持先生から「トップの人財活用法」について講演をいただき、その後、懇親会に移りました。
 今回も理事長の軽妙なトークによるゲームに参加者の皆様方は盛り上がっておられました。次年度もこの全体会議は継続いたしますので、今回ご参加いただいた方々も、ご参加いただけなかった皆様方も次回には是非ご参加いただきますようお願いいたします。
ページの先頭へ